ブログカウンター
アルチザンあにまる
プロフィール

ゆたん

Author:ゆたん
富士山の麓にある小さな自宅と別棟で動物達と暮らしています。動物達との日々やインコ繁殖日記など紹介しています
 

ランキング参加中!
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加中!
一日一回ポチっとして頂けると
更新の励みになります(*´▽`*) 記事を読んだら↑ポチっとしてね♪
↑よろしければFC2のランキングも
ポチッ!お願いします↑
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
タグで記事に飛びます♪

 サザナミインコ 羽衣セキセイ オカメインコ ヨウム ウロコインコ アキクサインコ 孵化 巣引き 十姉妹 巣上げ 有精卵 チャボ アカアシガメ セキセイインコ 愛鳥フェスティバル ニホンイシガメ 里親様募集 検卵 ペアリング フライングスーツ  冬眠 挿し餌 孵卵器 産卵 銀鈴波チャボ 富士山 ニギコロ お迎え 動物取扱責任者 鳥舎 パンジー ネザーランドドワーフ ガイナ 怪我 ガチャガチャ 銀鈴波 卵かけご飯 足輪 ウサギ 鈴波 身体測定  里親 ヒヨコ ヒメウズラ 薔薇 疥癬 抱卵 ハーネス DNA鑑定 爬虫類 パイナップル 動画 禽舎 里子 図書館 大沢崩れ 塗装 嘴打ち 保温 苗花 ため糞 参詣 鬼怒川 クツワムシ  被害 氾濫 GAINA 物資 腱外れ ペローシス   濡れた布団 コインランドリー 陸亀 モロヘイヤ 断熱 遮熱 身延山 両生類 久遠寺 どや顔 繁殖 お守り 蛇の抜け殻 ヒキガエル 外装 塗料 羽衣 治療 愚痴 日本石亀 発情 大掃除 広見公園 ポケストップ ポケモンGO  台風 ビオラ へちま ブドウ 公園デビュー スカイツリー 姫ウズラ 孔雀 YouTuber ウズラ AVIATOR バード&スモールアニマルフェア アルテマウエポン 物まね イチジク サイテス 元旦 新年 動物取扱業 研修 木工 雛換羽 フライングケージ 換羽 仮母 吉田うどん リフレッシュ フライトスーツ ふじや ヒーター バードテント 陸ガメ ミラクルぐっち 手乗り 年末の挨拶 看板 赤目 植え替え 冬の手入れ お迎え準備 遊び 綿棒 食欲 名前 岩合光昭 カレンダー 性別鑑定 手乗り雛販売 日光浴 遺伝 水浴び ステンレスケージ 忍者めし 里親様 鳥用品 Amazon 日本バードクラブ 即売会 スキニーギニアピッグ モルモット 冬眠明け 巣箱 一目惚れ 食事 バードガーデン どんどん焼き キットウココ 佐々木核酸科学研究所 放鳥 里親募集 DNA分析 

焦げ男ありがとう

昨日、日曜日にとても悲しい事が起きました

まだ心の整理が付いておらず支離滅裂な長文になりますことをお許しください


我が家一番の古株、ネザーランドドワーフの焦げ男が死んでしまいました

最近のウサギは長寿になったと言われる中で6年程の命でした


焦げ男はここ1年程、めっきり食も細くなり、みるみる毛艶も落ち、以前ほど活動的に動く日が少なくなっていました
焦げ男の食欲を増やす為、フードや牧草の種類を変えたり増やしたり、
また、ビタミン・乳酸菌添加、通院や投薬をしたりする機会が増えていました

目に見えて少しずつ老いていく焦げ男に、家族の誰しも心の中で
「焦げ男はもうそんなに長く生きられないかもしれない…」と感じる毎日でした

最近の定番の声かけは、「もう少し暖かくなったら外でピョンピョンしようね。」でした
温度管理された室内でも、すぐ体調を崩す焦げ男に、外で自由に遊ばせてあげたいとは思っても、
気温の変化が身体に堪えないかと出すのを躊躇ってしまうほど焦げ男の体力が落ちていました
それでも今年の冬を何とか越え、もうすぐ焦げ男の大好きな春真っ盛りだというのに、
焦げ男がそこまでもたなかった事、悔しくてなりません

日曜日、私は朝早く車で家を出ました
また新しく我が家の一員になる、アキクサインコを市外の運送屋さんにお迎えに行く為でした
一時間ほどで帰って来る予定でした
動物が沢山居る我が家の朝は、仕事も多くとても忙しいのですが
主人が休日だったので、動物達の朝のお世話をお願いして出かけました

運送屋さんでインコを受け取り、家に向かって車で走っている途中、主人から電話がありました
今日の焦げ男はとても具合が悪そうだと…なんとなく嫌な予感がしました
車を飛ばし家に着き焦げ男の所に行くと、ケージの中で腰が落ちて少し息の荒い焦げ男が居ました
力無い焦げ男の顔が「もうお別れだよ」といっているように見えました
急いで集中保温をしながら焦げ男を抱きかかえました
抱きかかえてから15分ほどで、そのまま静かに逝ってしまいました

私の信頼している獣医師の言葉を思い出しました
「動物は死ぬ時、死ぬ瞬間を少しだけ選べる」…獣医師はそういっていました
数えきれない程の動物にの死に立ち会って来た、その獣医師はいつもそう感じるそうです
「動物は、自分の命がもう長くないと悟ると、自分が今死のうと思った時を選んで死んでいる」
…動物の死に立ち会う度、選ばれたようなあまりのタイミングに、そうとしか思えないそうです

焦げ男は私が帰って来るのを待ってくれていたように思います
そして私の腕の中で死んでくれました

焦げ男は決して愛想のいい兎ではありませんでした
私がケージに行ったときだけ、必ず寄ってきて手を舐めたり下顎を擦り付けて来たり
撫でるように要求してきた焦げ男…家族の中でも気を許してくれていたのは私だけでした
そして私にとっても特別な存在でした

犬や猫とは違う、草食動物なりの愛情表現でいつも私に接してくれしまた
私に兎の賢さ、可愛さを改めて再認させてくれたのも焦げ男です
物言えぬ動物が感情や気持ちをどう訴えているか、
そんな観察力を鍛えてくれたのも草食動物の焦げ男です

焦げ男は、前ブログ「Oさんちのペットな事情」から唯一我が家に残っている動物で一番の古株でした
後から後から、どんどん増える多種の動物にも一切動じず
自分より後から迎え入れた動物には、自分よりとても大きな犬や猫にさえ、
一貫して兎とは思えない凛とした態度をとり
その態度はまるで「俺のほうが先輩だ」と言っているように見えました

茶子やクッキーにも自分から近づいて、どんと構え一歩も引かない焦げ男
兎に、猫や犬が後ずさりする…そんな食物連鎖に逆行するような光景も我が家では普通でした

茶子がまだ子猫の頃には、外で焦げ男に遊んでもらい
去年の夏あたりは焦げ男が外に出ている時には、茶子がカラスなどの外敵から焦げ男を守るように
いつも傍でぴったりと寄り添っていました

今の様にすぐに外で遊ばせられる環境に無い時も
部屋で運動させても決して悪戯や物を齧ったりする事も一度も無く本当に飼いやすい子でした
外の空き地等にリード無しで放しても名前を呼べば走って私の元へ帰って来るし
休憩時も必ず目の届くところに帰って来て休憩する、賢い子でもありました

焦げ男が我が家に来る前の事…
血統書付の子兎を迎えたものの、二か月ほどで看病のかいも無く亡くなってしまいました
時間が経っても、兎の可愛さが忘れられず迎え入れたのが焦げ男です

でも焦げ男は、死んでしまった子兎とは遠くかけ離れた子兎でした
血統書付のだった前の子兎はコロコロとしてヌイグルミのように可愛かったのですが
焦げ男は同じ兎の子とは思えない程、貧相な兎でした
二つ市を跨いだ所にある偶然立ち寄ったHCにいた子兎…それが焦げ男でした
劣悪な状態で産まれたのか子兎なのに濁った眼…
気になって抱かせてもらうと、とても軽く、骨がゴリゴリと手にあたり、毛に艶も無く、疎らで、フケだらけ、
皮膚にはかさぶたがボツボツと無数にある状態でした

それから何かと理由をつけて頻繁に店頭に行くたびに売れずに残る子兎

迎え入れて、すぐに死んでしまうような悲しい思いはしたくない気持ちと裏腹に
状態の悪さが気になって気になって、とうとう我慢できず連れ帰った日…
帰路、一人で車を運転しながら助手席の段ボールに入っている焦げ男に
「あそこに居るよりはお前を幸せにできると思う。だからうちに行こう。」と話しました

「この兎は子兎なのに雨風に当たって劣化した段ボールのような兎だね」
連れて帰った日、家で主人とそう話したのを良く覚えています
名前を付けようとしても可愛い名前なんて浮かばない程、みすぼらしい子兎
焦げ男という名前が背一杯でした

そんな焦げ男も、我が家で過ごすうち、獣医に褒められるくらい男前な兎に成長しました
「兎の癖にって言ったらなんだけど、雰囲気あるね~この子」
知り合いの獣医にそういわれて少し鼻が高かった私
焦げ男は誰にでも自慢の出来る兎に成長してくれました 

広いお庭でいつでも、ピョンピョンしたいね
田舎に引っ越しを決めた理由の一つでもあったように思います


焦げ男、もっと一緒に居たかったよ
今年の冬を越えた時、一緒にまた春を迎えれると
どこかで少し安心している自分がいたから
焦げ男がこんなに突然逝ってしまうなんてまだ信じられないよ

私が帰ってくるの、待っててくれたんだね、ありがとう
私の腕の中で死んでくれて、ありがとう
私に色々教えてくれて、ありがとう
焦げ男が私に教えてくれた事、絶対忘れないよ
いつも我が家の動物達の兄貴分でいてくれて、ありがとう
家族に笑顔をありがとう

まだきっと焦げ男を思い出して泣いてしまうと思うけど
どうぞこれからは空から私を見ていてください


テーマ: うさぎ
ジャンル: ペット

コメント

非公開コメント

●アルチザンあにまるHP●


イベントのお知らせ
2017年ポスター-001
↑クリック2回で大きくなります↑
●第26回愛鳥フェスティバル●
●開催日:2017年5月28日㈰
●時間:10時30分~15時00分
●会場:愛西市文化会館
●住所:〒496-0907
愛知県愛西市稲葉町米野303番地
Facebookやってます(´▽`)
今日のひとりごと(・ω・)
挿し餌の回数が減ると
嬉しいような寂しいような…?

アルバム
いつも読ませて頂いてます(´▽`)
鳥ネットオークション
アルチザンあにまるQRコード
QR
鳥多種飼いランキング